スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
4月5日 CLUB251 Headin'4 act6 について

既にWEBやSNSでもお知らせしましたが

4月5日のCLUB251のHeadin'4は配信のみで行うことになりました。

世界的に広がっているコロナウィルスの影響を踏まえて

CLUB251とも相談して悩みぬいた上の結論です。

 

いまや感染リスク場所の代表みたいな

言われ方をしているライブハウスですが

実際のところは本当にそこまでなのかは

誰にもわからないと思います。

 

だからといって僕らバンドマンが育ってきたライブハウスを

これ以上窮地に陥れるのは嫌だし、イベント中止は辛いけど

どうしようもないのかとなっていたところで

CLUB251から提案をいただきました。

 

無観客・配信のみのライブです

 

長いことaeronautsをやってきましたが

ライブハウスで無観客ライブなんて初めて

 

大変な時期だけど、万策を尽くしたい

バンドマン、アーティストって新しいことを模索するべきな人たちなはずだし。

 

たぶんこの騒ぎが終わったら

無観客ライブなんて一生やることないと思います。

なので、できるだけやります。

 

見る側も、やる側も初めて、でもそれでいいんじゃないかと。

早く生のライブ、現場のライブが楽しめる日が来るように祈りつつ

この日はお手元の小さな画面の前で楽しんでもらえたらと思います。

「やっぱ生のほうがいいなぁ」ってのもアリで

 

普段は

遠かったり、忙しかったり、なにか事情があったりして

FED MUSIC

ハックルベリーフィン

aeronauts のライブを観に行けない

そんな人達に見てもらえるのは

今回のちょっといいところなのかなぁ

と思っています。

 

色々と考えていたら、ちょっとワクワクしてきました

 

演者・スタッフともに全力で挑みますので

元気な顔でネットワーク越しに会いましょう

どうぞよろしくお願いします。


2020.03.25 aeronauts 森川トモヲ

 

続きを読む >>
| 管理人さん | 01:07 | comments(0) | - | - | - |
3月13日の代々木Zher the Zooのライブキャンセルについてお詫びとご報告
aeronautsは3月13日の代々木Zher the Zooのライブキャンセル致しました

この日、私の家族が肺炎の診断を受けたためPCR検査を受けることになりました。
この時点で午後2:00をまわっており、御存知の通りPCR検査の結果は1日〜数日と言われております。

万が一のケースを考えると私は1次濃厚接触者、リハーサルスタジオで会っているaeronautsメンバーは2次接触者に当たるため、この日の会場に入るのは避けるべきだと考え、急遽ライブをキャンセルすることにいたしました。

そして本日14日、保健所より「陰性」という結果をいただきました。
大変お騒がせいたしました。

Zher the Zoo店長の原様をはじめスタッフの皆様
ブッキングを組んでくださった元Zher the Zooのタシロック様
共演者のthe MADRAS様、nannou様、パンとサーカス様
そしてライブを楽しみしてくださっていたお客様のみなさんには多大な迷惑をおかけしたことを深くお詫び致します。

この件を踏まえて、aeronautsは昨今の世の中の状況に挫けず皆さんの人生を少しでも楽しくする音楽・エンターテインメントを提供していきたいと思います。

今後ともaeronautsをよろしくお願い致します

aeronauts 森川トモヲ

追記
詳細についてのお問い合わせは mail: info@aeronauts.org まで
お知り合いの皆様におかれましては個人的にご連絡いただければと思います
| 管理人さん | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2020.02.29 浅草Gold Sound
たまにはライブレポでも

SHU店長率いる浅草はゴルサンの周年月刊イベント千秋楽にお呼ばれしました。なんと光栄、ありがとう



2番手の我々aeronauts
思うところの7割ぐらいはできたかな
setlist
Heart Breaker
Bird on fire
Lost Rider
my life as-dog
春が散る
Surrender


バンドって演奏の上手下手や練習とかだけじゃなく、アプローチや考え方が通じ合う事が肝だったりする。

今回もそういうところに気づかされて

「あぁ、バンドって奥深いなあチキショーメ」

自分的にはkansa入ってから旧曲の再発掘しているのが、理解してもらえて嬉しいです。

プロデュースしているようでされているようで。
5月のツーマンではたくさん曲を発掘しますよ。

共演の皆様

音量もパフォーマンスも大人気なさすぎ
良いです
大体のところ楽しみました


ゴルサン
オープンしてまだまだ三年、でも怒涛のごとき三年だったと思います、大変だと思いますがaeronautsは陰ながら応援しています、これからも頑張って頂戴下さい

Text by T.Morikawa
| 管理人さん | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019.09.14 伊那GRAMHOUSE
aeronautsしばしの充電期間というか、私森川の骨折の治療期間あけの一発目ライブは伊那から。



2019/09/14 Sat.
GRAMLIVE!!
伊那GRAM HOUSE
w/MUSHS(from東京)/しょしょ(from新潟)/GOODMAN/The Rainy Pablo/ナポレオン


こんなステキメンツに囲まれるのですから、リハーサルもちゃんとやってカンちゃん初aeronauts@伊那やろうじゃん、と思ってたら東京から過去最大の大渋滞にハマってブリューワな気分で伊那入り。

着いたら開演時間ぐらいだったのでどうなることかと心配していましたが、なんのことはない。
地元バンドもアウェイバンドも良い感じ。
伊那のバンドたちの成長が著しいですね。
出すぎた芽は摘み取って刈り取ってしまいたい日本人的狭き競争精神的な衝動にかられましたがなんとか
「すごくカッコよかったよ」
と棒読みで伝えるにとどまりました。大人の自制心。

以前、都内でも一緒だったMUSHS(読み方わからん)は若いのにエモい感じで少し好きなのでライブを観させてもらいながら、あーしたら良いかもこーしたら良いかもというのをメモってみました。
aeronautsが終わってこのメモを見たら、自分たちがろくすっぽできてなくてまるでカレーライス師匠だったのでメモ速攻削除崩御。
あぶないあぶない。

ラストのしょしょ、最高でした。
どうやら好きな第一種エモ界隈共通項があって嬉しかったものの、カッコよくて悔しいので、イカした轟音の中で実はメロディが凄く良い、「美メロエモおじさんユニット」と影で呼ばせてもらいます。
また一緒にやりたいです。ちくしょー。
新潟にも呼んでください「美メロエモおじさんユニット」??

aeronautsは久々ということもあり、まあ久々な感じのこんな感じのセットリスト

北出氏の手書きです。

カンちゃんで初めてBastardやってみました。タイトに決まるのでこれはハマり曲になりそうです。
発見、発見。



どうでもよいけどVocal弦大君のテレキャスにブシャーと血しぶきBloody。

見ながらメンバー
「これ、ほっとくと臭くなるんよねー」
「はよ拭き」
40代のバンドメンバーは枯れた夫婦の会話のよう。

次に伊那行くのは年明けかな。
今作っている新曲を持って行ける予定、楽しみにしていてほしいし、今夜来てなかった人は必ず来るように。来ないとアレしてコレするから絶対。

あ、帰りのSAでロー麺セット買うの忘れた。

guitar T.Morikawa

| 管理人さん | 04:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019.05.04 CLUB251 MUSICDAY

はっ。
危ない。

このレポを書き忘れて布団に入るところであった。

 

 

GWど真ん中の昨夜はこんなイベントに出せていただきました。

ありがとうございますよ。

 

2019/05/04 Sat.
MUSIC DAY 下北沢、風が吹く。吹く。
下北沢club251
w/バスクのスポーツ/aeronauts/晴とワ/パキラ/三宅遥/Konore(bandset)/奢る舞けん茜/オクヤマグナムとエモリボルバー/icelandblue/Bugrava/CIVILIAN SKUNK/他 

 

セットリストは前回とほぼ同じ。

kansa君とのバイブレーションはさらに良い感じ。

 

終わって皆でいろいろと話し合い。

彼の影響なのか。もともと持っていた皆の真面目さなのか。

同じ曲でも、同じセットリストでも、また何か違った感触を得てそれを次にどうつなげようかとあーだこーだと語るという糧おおき夜。

 

スタジオワークでは新曲作りを始めています。

まだまだどうなるかはわからないけれど、20年来のエアロノーツのエッセンスとkansa君の新しい風とでなにかできないか必死に模索しています。

 

自分の創作力の器で欲を出せば、それは藻屑となるのは重々にわかっているつもりですが

それでも、もっと面白いもの、聞いたことがあるようで新しいもの、簡単なようでドキッとして忘れられないものを自分達が持っている材料だけで作りたい。もう出自不明なことはやりたくないと強く思ってしまいます。

 

ほんと最近は、曲を書けば書くほど同じようなメロディ、同じようなコード進行、同じようなテンションコードしか出てこなくなってるんですが、それでもこれを使って新しいものができるって信じている。

 

新しいというよりは瞬間風速的に正解があってそれがバンドのパズルにぴたっとはまる。そして、その繰り返しが木切れから現れた木彫りの熊のようにとてつもなく良い曲になるんじゃないか、みたいな。

 

まぁ、いつできるのかはわかりませんが

いくらやっても飽きないし楽しくて仕方がないのだから、そのうち完成することでしょう。

乞うご期待です。

 

この夜、面識・見識のあるアーティストは少ない我々でしたがいくつかアーティストは見させていただきました。
下の251と上の440を往来する形式のイベントでした。

ライブハウスっていうのは閉じられた空間なのでそれをつなげるにはなにかプラスαがあればお客さんにもつながっている感があったのかな。(たとえば上と下で同じ司会者を立てて、ちょこちょこ行ったり来たりさせるとか)

と、外野的な意見を感じつつも、こうやってMUSIC DAYを盛り上げようとしてくれているライブハウスの皆さんに大きく感謝するのでした。

 

May music make you forth

音楽があなたを前に向かせんことを。

 

Setlist
Perfect
ハレルヤ
毒なリンゴ
Heart Breaker
Flash Back Soul
歪んだ未来にいけ
Surrender

 

Text By T.Morikawa

| 管理人さん | 03:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
New entries
Music


facebook ファンページ

Live Schedule
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Links
Categories
Admin

aero-web