スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
2019.09.14 伊那GRAMHOUSE
aeronautsしばしの充電期間というか、私森川の骨折の治療期間あけの一発目ライブは伊那から。



2019/09/14 Sat.
GRAMLIVE!!
伊那GRAM HOUSE
w/MUSHS(from東京)/しょしょ(from新潟)/GOODMAN/The Rainy Pablo/ナポレオン


こんなステキメンツに囲まれるのですから、リハーサルもちゃんとやってカンちゃん初aeronauts@伊那やろうじゃん、と思ってたら東京から過去最大の大渋滞にハマってブリューワな気分で伊那入り。

着いたら開演時間ぐらいだったのでどうなることかと心配していましたが、なんのことはない。
地元バンドもアウェイバンドも良い感じ。
伊那のバンドたちの成長が著しいですね。
出すぎた芽は摘み取って刈り取ってしまいたい日本人的狭き競争精神的な衝動にかられましたがなんとか
「すごくカッコよかったよ」
と棒読みで伝えるにとどまりました。大人の自制心。

以前、都内でも一緒だったMUSHS(読み方わからん)は若いのにエモい感じで少し好きなのでライブを観させてもらいながら、あーしたら良いかもこーしたら良いかもというのをメモってみました。
aeronautsが終わってこのメモを見たら、自分たちがろくすっぽできてなくてまるでカレーライス師匠だったのでメモ速攻削除崩御。
あぶないあぶない。

ラストのしょしょ、最高でした。
どうやら好きな第一種エモ界隈共通項があって嬉しかったものの、カッコよくて悔しいので、イカした轟音の中で実はメロディが凄く良い、「美メロエモおじさんユニット」と影で呼ばせてもらいます。
また一緒にやりたいです。ちくしょー。
新潟にも呼んでください「美メロエモおじさんユニット」??

aeronautsは久々ということもあり、まあ久々な感じのこんな感じのセットリスト

北出氏の手書きです。

カンちゃんで初めてBastardやってみました。タイトに決まるのでこれはハマり曲になりそうです。
発見、発見。



どうでもよいけどVocal弦大君のテレキャスにブシャーと血しぶきBloody。

見ながらメンバー
「これ、ほっとくと臭くなるんよねー」
「はよ拭き」
40代のバンドメンバーは枯れた夫婦の会話のよう。

次に伊那行くのは年明けかな。
今作っている新曲を持って行ける予定、楽しみにしていてほしいし、今夜来てなかった人は必ず来るように。来ないとアレしてコレするから絶対。

あ、帰りのSAでロー麺セット買うの忘れた。

guitar T.Morikawa

| 管理人さん | 04:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019-04-09 CLUB251

 

今夜もBLOGスタイルでライブレポを綴ってみます。
大したことは書けないけど、いまどきBLOG?みたいなOld-Style、嫌いじゃない。

 

251presents「MIX? PHONEMICS!」
w/石井卓とジョン中村/PISQAL/荒井清弥 /sebastian yellow club band 

 

kansa君を迎えての3本目はホームCLUB251
良きメンツに囲まれてのトリ前出番。

 

ここ一番でノビノビとした演奏ができたんじゃないでしょうか。
だって楽しくて、久々に爪が何枚かバッキバキに割れてしまいましたもの。

 

卓ジョンの卓ちゃんにMCで

「今夜のaeronautsの返ってきた感、すげぇ。」って言われて
別に帰ってきてねぇぞ、どこも行ってねぇし。

いやまぁそうか。うん、ありがとう嬉しいわ。
奴らもきっちりグッとくるライブしてくれた。やっぱり卓ジョン、大好物なり。

 

aeronauts

リハーサルスタジオに入っては
セットリストや曲のつなぎ方
新しい曲のあり方、古い曲のあり方
kansa君と一緒に一つ一つ試行錯誤しながら組み立てています。

 

大変だけど、大切。しんどいけど楽しい。

 

No longer old tank.

 

かつて

aeronautsのことを
制御もできない燃料も補給できない重くてのっそりとした戦車みたい
と誰かに話したことがある。

 

でも、もう違うんだな。
それが本当に嬉しい。

 

平日ってのもあり、短めの打ち上げだったけど

居たメンバーでしみじみと
「バンドって面白いな。」
なんてことを言い合えた、そんな果報なひとときを過ごしましたとさ。

 

Setlist
Perfect
ハレルヤ
毒なリンゴ
Heart Breaker
Flash Back Soul
歪んだ未来にいけ
Surrender

 

 

最近気づいたんだけど、現場で言われる「兄さん」っておじさんの最上級なんだね(笑)

 

Text By T.Morikawa(上手のギターの人)
| 管理人さん | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019.03.22 Zher the Zoo(Yoyogi)

ベースサポートを迎えて2本目は代々木にて

トップバッターをつとめさせてもらいました。

 

 

若干の機材トラブルはあったもののそつなくできたかな。

いや寧ろ、そつな過ぎたかなとも思ったり

 

ベース、kansa君に刺激されて

aeronautsの20年で脳や腕にこびりついた慣れの良い部分悪い部分が

リハーサルスタジオに入るたびに浮き彫りになってきています。

 

 溜まったツケは恐ろしく

 無意識な慣れは罪で
 積み重ねて熟した技は芸術そのもの

 

なんて思い言い聞かせながら試行錯誤の日毎。
少しは前より見えたかな。

 

そろそろ新体制aeronautsの自主企画も発表できるはずだし。
がんばりますよ。

 

 

共演のLLPも新サポートベースを迎えていたり
wilberryもその昔ベース脱退加入騒ぎがあったりと
みなさんメンバーの出入りを乗り越えて一つの音に向かって走ってきているんだなぁ

 

と、しみじみ痛感しました。

 

さて、真剣に機材メンテしよ。

 

 

Set List:
1. Lost Rider
2. Perfect
3. 毒なリンゴ
4. Heart Breaker
5. Flash Back Soul
6. 歪んだ未来に行け
7. Surrender

Text By T.Morikawa 

 

| 管理人さん | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018.02.09 Gold Sounds
アンコールは「YOUR SONG」
| 管理人さん | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018.01.19 CLUB251

| 管理人さん | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2017.03.17 ワンマン @para-dice

無事に終わりました。
大阪ワンマン。どうもありがとう。

 

ワンマンはいいね。

やりごたえあるし、楽しんでくれている人達の手応えみたいなものも感じる。

いろんな時代の曲ができるのもこれまた楽しい。


来年もやりたい、やらないと、だ。
「次回は古い曲を更にもう1曲プラスすること」なんて縛りも面白いかもしれない。

なにかリクエストがあれば是非。

 

2017.3.17 Set List

レインボウ
DROP
Bastard
Never-Glory

 

Grace
Killing Time Music
Motor Girl

 

夕凪
月ガ微笑ムカラ

 

Thank U Soldier
静かなる暴走

Sleep Noise
Beat-A
My life as-dog

 

嫌な太陽
Flashback Soul
春が散る
ハレルヤ

 

En1
Ghost
5days

En2
Siren
M.F.D
Sunset

 

(セットリストあんまり自信ないです。違ったら教えて〜)

Text By T.Morikawa
| 管理人さん | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2016.10.09 aeronauts 20th Anniversary 6th Album 「Now or Never」レコ発 one man show『お前ら、俺たちがいてよかったな!』

20周年のワンマンショウ

 

2016.10.09 aeronauts 20th Anniversary

6th Album 「Now or Never」レコ発

one man show『お前ら、俺たちがいてよかったな!』

 

終わりました。ハンパない喪失感の中ちまちまとレポを綴っております。ギターでリーダーで無礼者の森川です。

 

良い夜でしたね。

 

ワンマンで自分たちのお祭り、っていうだけじゃなく

色々な方からライブの評判をもらってとても嬉しいです。

 

 

2016.10.09 aeronauts@CLUB251 SetList

 

レインボウ

Drop

Bastard

Never Glory

 

 よく見るとリリースアルバムから3曲も演ってます。

 レコ発って感じです。この流れ好きかも。

 本番直前に北出がテンポ確認で

 「かっ飛ばすよ。(当たり前やんけボケ!調)」

 って吐いたのがイカしてた。

 ロックバンドたるもの、序盤は攻めてなんぼ。

 「レインボウ」は僕がしっぽりと

 リハーサルスタジオをサボった日にメンバーが持ってきた曲。

 そんなことなら、これからもちょいちょいサボります(やったー!)

 

Grace

Killing Time Music

Motor Girl

さらばこの夜

 

 新譜のリードソング「Grace」からの流れ。

 そして一曲歌わせていただきました。

 ここの流れは最後のリハーサルで決まったんだけどいい感じ。

 ACTION YOU感とでもいいますか

 今のaeronautsの雰囲気の一パターンですね。

 

月ガ微笑ムカラ

Thank U Soldier

静かなる暴走

 

 20周年だし、古いのを一つか2つ、と思ったけど

 ギャラクティカ時代の曲は1つだけしかできなかった。

 リハーサルでは他の曲も触ってみたけど

 「 月ガ微笑ムカラ 」この曲かな、と。

 梅田駅の歩道橋でさんざんやってた曲だったから

 瞼の奥に歩道橋の夜の風景が〜、ってなるかと思ったのに

 ぜんぜん浮かばないでやんの。くそ残念。。。

 ちなみにこの曲、ソングライティング的には20代で1番の作品です(笑)

 ここの並びは時系列になってないのに色というか

 明るさみたいなのが徐々に滲んでいく感じになってましたね。

 好きなコード感は全くかわってないんだなぁ

 と思ったりしました。

 

Sleep Noise

Beat A

mylife-asdog

 

 どうでしたか、弦大のフロアでアカペラ。

 調子に乗って僕らもコーラスしちゃいました。

 「Sleep Noise」、この曲は隠れた名曲的なやつでして

 なんとかもっと日の目をみるポジションにいけないかなぁ

 気づいたのは弦大がソロ弾き語りで

 この曲を演っているときだったか。

 客観的に見えると色々なことに気付かされるもんですね。

 いわゆるひとつのライフ・ハックでファック・マイセルフですね。

 ここも新旧おりまぜ。

 「mylife as-dog」はメンバーが上京してからできた思い入れのある1曲。

 やろうと言ったのは池本だったか。

 やるならとことん登りつめたい。

 ここは何か一つ断ち切ってさよならするような

 そんな流れになっていたと思う。

 

嫌な太陽

PERFECT

Siren

Flash Back Soul

春が散る

ハレルヤ

 

 ロックバンドたるもの、後半はたたみ掛けてなんぼ。

 息が切れても繋いでなんぼ。

 なんぼしんどいねん。

 aeronauts、いつの間にかアップテンポの曲が増えていて

 ホント大変、大変、たいへん楽しかったです。

 フロアもワッショイワッショイ。

 北出がこれまた彼らをいじめるかのようにテンポを挙げていくし。

 あいつきっとSMやな。

 このセクションの後半は、酸素が薄くて記憶もちょっと薄いです。

 

【アンコール】

FUNKENSTEIN

Ghost

5 days

 

 せっかく振ってもらったのになんにも上手く言えなかったMCと

 急遽追加した1曲「FUNKENSTEIN」。

 アルバムReadyMadeはバンド的に一番つらかった時代だから思い入れも一塩。

 闇の中から光を見ようとしているような

 怒りをこらえているようなそんな時期だった気がする。

 新譜からの「Ghost」は初のデュエットっていうかツインVo。

 正確には弦大 x 1 、森川 x 2という内容成分になっています。

 セルフライナーにも書いたとおり、この曲は突然あらわれた変な曲。

 これからの変貌が楽しみ。

 おまけのフォトブックに肩車(弦大 パイルダーオン 池本)のPHOTOがありましたね。

 5daysで毎ライブあれをやっていてついに墜落して頭を打ってから

 弦大君の歌詞がキレキレになったってホントっすかね、どうすかね。

 

SUNSET

 

 ダブルアンコールもらいました。ありがとう。

 ここまでで既に23曲、さぁもう演る曲ないぞ

 ってならないのが芸歴長いバンドっぽいなぁ。

 「RIDE」あたりもやりたかったんだけど

 ラストらしく締めたかった、のかな。これに決まりました。

 

★★★

 

20周年を共有してもらえたらと、いつもよりグッズの展開も頑張ってみました。

一応(?)好評なようで良かった(ホッ)

 

このワンマンを終えて、やっと20周年という肩書を外せるというか、ずらせます。

 

20年も同じメンバーでやってきて、沢山の人達に支えられて

それに応えるには、また新しい曲を作ってライブをしていく未来がまっているのですが

アニバーサリーを制作するのって、昔の楽曲とか資料の回顧が大切なのでそれとはまったく別ベクトルなので

ちょっとしたジレンマがありました。

 

そこでふと思ったのが21年目は自由だなぁ、って。

何が?って感じなんだけど

とにかく自由だなぁ、と。


20周年っていう節目をワイワイと騒ぐことで

自由にもっと奥深い、良いものが作れそうな気がした。

ありがとう。お陰でさらに面白くなりそうですよ

 

本当にありがとう、感謝してます。

また懲りずにライブに遊び、お茶でもビールでも啜りに来てください。

変わりつつも、変わらず待ってますよ。

 

来月は大阪編、名古屋編。

待っててね。

新譜(修正版)と残り少ない周年グッズも持って行くから。

 

 

http://aeronauts.org/

 

Text By T.Morikawa

 

 

 

| 管理人さん | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8.20 京橋Arc グッドラックロック in stateに誘われて
初めてのハコで、in stateに誘ってもらって行ってきたよ。みんな大好き京橋Arc。で、終始楽しいイベントでした。京橋Arcさん、in state、sally、タローさん、arclightさん、そして見に来てくれたお客さん、本当にありがとうございました。in stateのおかげで、また、繋がりが増えましたわ。この日は、in stateのレコ発でした。in stateがライブやってる時に、踊ってたら横で踊ってるsallyの林君が「ライブハウス楽しいのにね!なんでみんなもっと来ないんすかねぇー!みんな来たらええのに〜」とか言うてました。ほんまその通りやと思うわー!少なくともaeronautsやin stateの周辺のバンドはすこぶる楽しいはずですので、来て損はさせません。遊びに来ておくんなまし! とまぁ、我々もin stateのレコ発に花を添えるべくバシュッっと決めたったでー!なんてったって、aeronautsもbare tracksを出したばかりやさかいに!CD買ってくれてありがとー!大事な曲ばかりなので、しこたま聞い下さいませ! そして、10月9日には下北沢251にて、20年の集大成とも言えるべくワンマンライブとアルバム"Now or Never"発売で盛り上がります。全くどうなるかは決まってませんが、楽しくなるだけは、確実です。皆様!借金してでもおこしやす!


20周年企画 第2弾
2016.10.09(日)
aeronauts 20th Anniversary
6th Album 「Now or Never」レコ発
one man show『お前ら、俺たちがいてよかったな!』
@下北沢CLUB251




よろしくお願いします!
| 管理人さん | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
5/2 aeronauts Presents PARTY HARD at吉祥寺PLANET K
久しぶりのPARTY HARD
回数はわかんないけど、振り返れば2年ぶりになってました
仲の良いバンド達と立ち上げたのですが、もうその頃のバンド達は皆解散とか・・・
いつのまにかaeronauts presentsになってしまったわけです
今やもう少なくなってしまった飲み放題イベントなんですよ
お客さんは元より出演者も盛り上がれる無茶なイベントをほんと長いことやらしてくれるPLANET-Kに感謝です

今回もお馴染みとまではいかないまでも、仲の良い&リスペクトできるメンツです
リハは近況報告やらなんやらで会話は弾んでおります
某氏が「なんかこのメンツ落ち着くわ〜」って
そうそう、PARTY HARDってこんな感じ
心に余裕があるからPARTYはHARDになるんです

さて、ライブは「Rock n' Flow」から始まり〜
最近良くやってる千葉ANGAでお知り合いになったバンド
気の良い外人さん達のミクスチャー系バンドと言ったら良いかな
Voシャドはaeronautsのライブを見て、いつも脱いで踊りますw
先日一緒にやったときとメンバーが違っていて、G以外は外人さんのバンドだったんだけど・・・
しかもこのライブを誘ってOKしてくれたメンバーが今日は来てなかったw

次は「in state」
バンドとしてのカラミはそれほどないけど、個々のメンツは大阪からの20年来の付き合いです
恥ずかしながら、ギャラクティカ時代の若い頃を知っている数少ないメンツです
その頃を思い出させるようなキラーチューンの数々
それと何と言っても、Voミワくんの歌声は最高でした

続いて、「麻疹。」
思えば、2年前このイベントにバンドが出来立てでオープニングアクトとして出てもらった
その頃は3曲くらいしかなく試行錯誤してる時だったようですが、
今回はしっかり曲を揃えて、インストバンドなんだけどテクニックだけではなく、熱さも伝わる良いバンドになってましたわ

続いて、「無限放送」さん登場
直前までアメリカツアーに出ていたようで、相変わずお忙しい方々です
いつ見てもクオリティが変わらないライブ、エンターテインメントを見せてくれます
たった2人なのに
こんな先輩がいてくれてほんとに感謝しています
Drタロウさんはロックドラムの理想系です
見習って、ライブ前に食事をしないことにしますw

最後は我らの出陣じゃ〜
良きバンド達に煽られて、飲み会場も良い雰囲気でやってやりました
ノリはいいし、ガヤは飛んでくるし、こちらもお客さんも出演者も一緒になって楽しめたと思います
イベントはこうでなくっちゃねって
そう今回もPARTYはHARDでした!
とお決まり文句で締めておきますw
次はいつになるかわかんないけど、このイベントを続けていきたいもんです

set list
1.レインボー
2.drop 
3.PERFECT
4.LOCOMOTIVE
5.bastard
6.F.B.S
7.ハレルヤ
en.5days


 
| Kitade(Dr) | 03:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライブレポ 2016.04.01 @CLUB251
2016/04/01 Fri.

CLUB 251presents SPRINGFES HARU/KOI/桜歌祭

@下北沢CLUB 251
出演/ aeronauts /ANABANTFULLS /青天の霹靂 /猟奇的な僕ら /他

CLUB251が仕掛ける春のお祭りのトップバッター的な日でした。
多彩なバンドの中に混ぜてもらいました。
どのバンドも、それぞれツボがあって面白い。

その中にとても気になるバンドが居ました。もちろん共演は初めて。
今、帰りに貰った彼らの音源を聴きながら書いてます。



ANABANTFULLS

正しくはなんて読むのか自信ないけど、良いバンドでした。
何が良いと思ったのかって?

未完成な感じ、バンドとしての武器がふんだんにある感じ、窮屈じゃなくてスポンジ的伸びしろのある感じ。

なによりバンギャに媚びてない雰囲気かな。
うーむ、これじゃ褒めてないね(笑)

とてもとてもシンパシーを感じました。

そのうち一緒にやりたいなぁー。


トリの私達aeronautsは近頃評判をいただいているTETSUKO(仮)を真ん中に置いて、大人の大人気ないセットリストでした。
客足はまぁまぁの夜でしたが、色々と好評だったようで何よりです。
自分的には、リペアから帰ってきたばかりのアンプの調整に追われている感がありたした。猛省です。何年やっとるねん。

次回の251はリベンジですね。

しかしまぁ、育休中にあれだけ練った新曲がことごとくボツの気配で、ぽっと出の徹子(仮)がレギュラー入りって、ねぇ。曲づくりの人、特にメロディーメイカーにはあるあるなんだろうけど慣れません。体のある部分を持って行かれたような気になります。
これだけは幾つになっても同じなのかな。
曲を出すってことは、それだけ心が無防備になっているってことなんでしょうね。

次回は4/20 CLUB251 パフノイドも一緒です。
よろしく〜。


Set list<

レインボウ


DROP

Perfect

TETSUKO(仮)


春が散る

Flash Back Soul

ハレルヤ


5days




http://aeronauts.org


Text by T.Morikawa



| 管理人さん | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
New entries
Music


facebook ファンページ

Live Schedule
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Links
Categories
Admin

aero-web