スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
2019.05.04 CLUB251 MUSICDAY

はっ。
危ない。

このレポを書き忘れて布団に入るところであった。

 

 

GWど真ん中の昨夜はこんなイベントに出せていただきました。

ありがとうございますよ。

 

2019/05/04 Sat.
MUSIC DAY 下北沢、風が吹く。吹く。
下北沢club251
w/バスクのスポーツ/aeronauts/晴とワ/パキラ/三宅遥/Konore(bandset)/奢る舞けん茜/オクヤマグナムとエモリボルバー/icelandblue/Bugrava/CIVILIAN SKUNK/他 

 

セットリストは前回とほぼ同じ。

kansa君とのバイブレーションはさらに良い感じ。

 

終わって皆でいろいろと話し合い。

彼の影響なのか。もともと持っていた皆の真面目さなのか。

同じ曲でも、同じセットリストでも、また何か違った感触を得てそれを次にどうつなげようかとあーだこーだと語るという糧おおき夜。

 

スタジオワークでは新曲作りを始めています。

まだまだどうなるかはわからないけれど、20年来のエアロノーツのエッセンスとkansa君の新しい風とでなにかできないか必死に模索しています。

 

自分の創作力の器で欲を出せば、それは藻屑となるのは重々にわかっているつもりですが

それでも、もっと面白いもの、聞いたことがあるようで新しいもの、簡単なようでドキッとして忘れられないものを自分達が持っている材料だけで作りたい。もう出自不明なことはやりたくないと強く思ってしまいます。

 

ほんと最近は、曲を書けば書くほど同じようなメロディ、同じようなコード進行、同じようなテンションコードしか出てこなくなってるんですが、それでもこれを使って新しいものができるって信じている。

 

新しいというよりは瞬間風速的に正解があってそれがバンドのパズルにぴたっとはまる。そして、その繰り返しが木切れから現れた木彫りの熊のようにとてつもなく良い曲になるんじゃないか、みたいな。

 

まぁ、いつできるのかはわかりませんが

いくらやっても飽きないし楽しくて仕方がないのだから、そのうち完成することでしょう。

乞うご期待です。

 

この夜、面識・見識のあるアーティストは少ない我々でしたがいくつかアーティストは見させていただきました。
下の251と上の440を往来する形式のイベントでした。

ライブハウスっていうのは閉じられた空間なのでそれをつなげるにはなにかプラスαがあればお客さんにもつながっている感があったのかな。(たとえば上と下で同じ司会者を立てて、ちょこちょこ行ったり来たりさせるとか)

と、外野的な意見を感じつつも、こうやってMUSIC DAYを盛り上げようとしてくれているライブハウスの皆さんに大きく感謝するのでした。

 

May music make you forth

音楽があなたを前に向かせんことを。

 

Setlist
Perfect
ハレルヤ
毒なリンゴ
Heart Breaker
Flash Back Soul
歪んだ未来にいけ
Surrender

 

Text By T.Morikawa

| 管理人さん | 03:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019-04-09 CLUB251

 

今夜もBLOGスタイルでライブレポを綴ってみます。
大したことは書けないけど、いまどきBLOG?みたいなOld-Style、嫌いじゃない。

 

251presents「MIX? PHONEMICS!」
w/石井卓とジョン中村/PISQAL/荒井清弥 /sebastian yellow club band 

 

kansa君を迎えての3本目はホームCLUB251
良きメンツに囲まれてのトリ前出番。

 

ここ一番でノビノビとした演奏ができたんじゃないでしょうか。
だって楽しくて、久々に爪が何枚かバッキバキに割れてしまいましたもの。

 

卓ジョンの卓ちゃんにMCで

「今夜のaeronautsの返ってきた感、すげぇ。」って言われて
別に帰ってきてねぇぞ、どこも行ってねぇし。

いやまぁそうか。うん、ありがとう嬉しいわ。
奴らもきっちりグッとくるライブしてくれた。やっぱり卓ジョン、大好物なり。

 

aeronauts

リハーサルスタジオに入っては
セットリストや曲のつなぎ方
新しい曲のあり方、古い曲のあり方
kansa君と一緒に一つ一つ試行錯誤しながら組み立てています。

 

大変だけど、大切。しんどいけど楽しい。

 

No longer old tank.

 

かつて

aeronautsのことを
制御もできない燃料も補給できない重くてのっそりとした戦車みたい
と誰かに話したことがある。

 

でも、もう違うんだな。
それが本当に嬉しい。

 

平日ってのもあり、短めの打ち上げだったけど

居たメンバーでしみじみと
「バンドって面白いな。」
なんてことを言い合えた、そんな果報なひとときを過ごしましたとさ。

 

Setlist
Perfect
ハレルヤ
毒なリンゴ
Heart Breaker
Flash Back Soul
歪んだ未来にいけ
Surrender

 

 

最近気づいたんだけど、現場で言われる「兄さん」っておじさんの最上級なんだね(笑)

 

Text By T.Morikawa(上手のギターの人)
| 管理人さん | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019.03.22 Zher the Zoo(Yoyogi)

ベースサポートを迎えて2本目は代々木にて

トップバッターをつとめさせてもらいました。

 

 

若干の機材トラブルはあったもののそつなくできたかな。

いや寧ろ、そつな過ぎたかなとも思ったり

 

ベース、kansa君に刺激されて

aeronautsの20年で脳や腕にこびりついた慣れの良い部分悪い部分が

リハーサルスタジオに入るたびに浮き彫りになってきています。

 

 溜まったツケは恐ろしく

 無意識な慣れは罪で
 積み重ねて熟した技は芸術そのもの

 

なんて思い言い聞かせながら試行錯誤の日毎。
少しは前より見えたかな。

 

そろそろ新体制aeronautsの自主企画も発表できるはずだし。
がんばりますよ。

 

 

共演のLLPも新サポートベースを迎えていたり
wilberryもその昔ベース脱退加入騒ぎがあったりと
みなさんメンバーの出入りを乗り越えて一つの音に向かって走ってきているんだなぁ

 

と、しみじみ痛感しました。

 

さて、真剣に機材メンテしよ。

 

 

Set List:
1. Lost Rider
2. Perfect
3. 毒なリンゴ
4. Heart Breaker
5. Flash Back Soul
6. 歪んだ未来に行け
7. Surrender

Text By T.Morikawa 

 

| 管理人さん | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7thアルバム Surrender 通販開始です

津々浦々全国のaeronauts Coreファンの皆様
おまたせしました。

Enken Onlineショップにて好評の最新アルバム

「Surredner」を取扱い開始します。

 

これまで会場限定でしたが、自主通販ショップでの購入が可能となりました。

いま流行りのキャッシュレス化に便乗して

クレジットカード等々がご利用になれます。

マネーレスなaeronautsへの応援、なにとぞよろしくお願いします。

 

Enken Onlineショップ | http://bit.ly/aero_surrender

 

 

| 管理人さん | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
aeronautsからの大事なお知らせ

1996年よりオリジナルメンバーで活動しておりましたエアロノーツですが
ベース池本新は2019/1/20 CLUB251のライブをもって最後となります。

 

今後の活動については詳細は未定ですが

ここや公式サイトにて、皆様にお伝えしていくつもりです。


ベース池本新より皆様へのメッセージを掲載します。

 

 


2019年となりました。あけましておめでとうございます。新春早々、残念な報告ですが‥
私、池本新は22年と半年在籍したaeronautsを脱退することになりました。

 

理由としては、私事の環境の変化の中で、コンスタントに活動するバンドに支障を来たす様になってきました。どうにか頑張って行こうと、昨年の夏頃からのアルバム制作へ食らい付いてはいましたが、心のキャパシティを超えてしまい、音楽そのものを面と向かって「好き」と言えなくなってしまいました。

 

12月のワンマンライブ後、メンバーにそのことを報告したところ、身体の気遣いの言葉をもらい、1月20日のaeronautsのイベントをもって我が音楽活動に一度ピリオドを打つことになりました。

 

本来なら報告からもっと期間を空けて、終わりにすべきだとも思いましたが、早く休養が必要とのメンバーからの心遣いもあり、こんな急なタイミングでの最後のライブになることをお許しください。

 

ファンやメンバー、多くのバンド仲間、ライブハウススタッフさんにも感謝と非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

決して短く無い期間、普通では経験できないことを4人で共有してきたし、人間としてもベーシストとしても、たくさん成長させてもらいました。

 

思えば、よくも悪くも、大きな決断の時、周りを掻き回してしまっていたのは、自分でした。今回も最後に迷惑を掛けることとなってしまいました。

 

僕がいなくなってもaeronautsは続きます。きっともっと素晴らしいバンドになっていくことでしょう。他の3人とも、会う機会こそ激減しますが、僕にとってはかけがえの無い特別な友人達であることは変わりません。これからは外から応援していきたいと思います。

 

今後、音楽活動をすることは考えていません。身体や心の静養しつつ、新たなやりたいことを模索していきたいと思います。

 

皆さまへの感謝はここに書き出したら止まりませんが、あまりにも長くなってしまいますので‥

 

1月20日の下北沢では今までの全ての思いをぶつけるつもりです。自分の最後を見届けていただければ嬉しいです。

 

今までありがとうございました。

 

2019年1月4日 aeronauts bass 池本新

 

 

 

 

| 管理人さん | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
New entries
Music


facebook ファンページ

Live Schedule
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Links
Categories
Admin

aero-web